歴史

【日米和親条約の内容】阿部正弘の努力と安政の改革!その結果は?

日米和親条約 内容 ペリー 阿部正弘 安政の改革

嘉永6年6月3日に黒船が来航し、幕府は開国を迫られました。

長らく鎖国体制を続けていた幕府にとって、すぐには決められない事案です。

そこで1年考える時間をもらい、ペリーたちは引き上げていきました。

老中首座ろうじゅうしゅざ の 阿部正弘あべまさひろは、黒船来航をきっかけに、日本を改革しようと尽力します。

今回は 日米和親条約にちべいわしんじょうやく の内容を簡単にご説明!

また阿部正弘の安政の改革をみていきましょう♪

260年の平和を過ごしてきた幕府の政治改革の結果とは…?

      \ランキング参加中/
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑良かったらポチッと応援よろしくお願い致します♪励みになります!

日米和親条約の内容

日米和親条約 内容日米和親条約は戦争を避けるために、結ばざるを得ませんでした。

ほとんどアメリカに譲歩じょうほする内容になりましたが、交渉の1つだった「貿易」はお断りしています。

なので日米和親条約は、完全な開国ではありません。

ペリーが日本に来た目的を先に見ると、条約の内容も分かりやすいと思います。

日米和親条約-内容-

  • アメリカ船が日本に寄ったとき、石炭や食料、水など必要な物資を、アメリカに供給する。

  • アメリカ船が日本で難破したとき、日本はアメリカ人を保護して、アメリカに引き渡す。

  • 上記2つのために、日本は箱館と下田、2つの港を開く。

  • 箱館・下田にいるアメリカ人を閉じ込めず、自由な行動を許す。(行動範囲は定める)

  • 日本はアメリカを最恵国待遇にする。(逆はしない)

最恵国待遇さいけいこくたいぐうというのが、いわゆる「不平等」であると言われています。

「日本は交流のある国の中で、アメリカを1番いい条件にする」ということ。

つまり日本と他国との間で、アメリカとの条約より良い条件で締結した場合、それを自動的にアメリカにも反映することになります。

またこれは日本にのみ課せられた条約で、アメリカは日本を最恵国待遇にはしていません。

安政の改革

阿部正弘 安政の改革国難を乗り越え、国を強化するため、老中首座の阿部正弘は政治改革を始めます。

老中首座…幕府内の役職で、老中という最高職の筆頭のこと。

実はペリー来航の前より、阿部正弘は外国の脅威を危惧していた数少ない1人で、少しずつ政策をしていました。

黒船をきっかけに、さらに改革に力を入れていくのです。

安政の改革

  • 親藩・譜代大名・外様大名に関係なく意見を聞き、さらに旗本や庶民の意見も募集。

  • 身分に関わらない人材登用。

  • 大型船の建造を許可。
    (武家諸法度で禁止されていた)

  • 講武所こうぶしょ をつくった。
    (武芸練習場、陸軍の基)

  • 洋学所ようがくしょ をつくった。
    (外交文書などの翻訳)

  • 長崎海軍伝習所ながさきかいぐんでんしゅうじょ をつくった。
    (海軍の基)

改革の利点

安政の改革 利点阿部正弘の改革は、当時はかなり大胆なものでしたね。

江戸幕府が始まってから、譜代大名のみが参加できた政治体制を、変えてしまったのですから。

さらには旗本や庶民にまで意見を募り、身分を問わない人材登用まで。

これは平和な時代が長かったことで、幕府の一部が貴族のようになってしまい、有能な人が少なかったからです。

国難に対して、日本全体で乗り越えようという阿部正弘の考えがありました。

結果としては能力が優秀な人物の発掘に繋がります。

例えば…

  • 勝海舟かつかいしゅう (旗本)…江戸城無血開城を叶えた。新政府にも出仕。

  • 大久保忠寛(旗本)…江戸城無血開城に尽力。のち東京府知事。

  •  江川英龍(旗本)…品川台場(現:お台場)や、 韮山反射炉にらやまはんしゃろを設立。

など中には明治維新後も活躍する人材を、世に送り出しました。

また講武所や長崎海軍伝習所を設立したことで、軍事力を強化

人材登用のプロですね!

阿部正弘自身が、デキる男だったからでしょうか。

ただ幕府の財政難から頓挫(とんざ)した計画もあります。

改革の結果…

とても画期的な改革を行なった訳ですが、結果はどうなったのでしょうか。

長い目で見ると、日本にとって重要な人物を見出したのは、功を奏したといえます。

しかし幕府にとっては、親藩や外様が政治に口を出せるようになり、幕府内部の対立が出てきてしまうことに

また幅広く意見を募集したことで「幕府だけでは解決できない」という、軟弱なイメージを作ってしまいました。

成功か失敗か、見る立場によって変わってきますね。

一概にどちらとも言い難い結果になりました。

まとめ

日米和親条約

12条からなる日本とアメリカ間の条約。

内容は以下のような項目。

  • アメリカ船が日本に寄ったとき、石炭や食料、水など必要な物資を、アメリカに供給する。

  • アメリカ船が日本で難破したとき、日本はアメリカ人を保護して、アメリカに引き渡す。

  • 上記2つのために、日本は箱館と下田、2つの港を開く。

  • 箱館・下田にいるアメリカ人を閉じ込めず、自由な行動を許す。

  • 日本はアメリカを最恵国待遇にする。

安政の改革

黒船来航をきっかけに阿部正弘が行なった、政治改革のこと。

  • 親藩・譜代大名・外様大名に関係なく意見を聞き、さらに旗本や庶民の意見も募集。

  • 身分に関わらない人材登用。

  • 大型船の建造を許可。

  • 講武所こうぶしょ をつくった。

  • 洋学所ようがくしょ をつくった。

  • 長崎海軍伝習所ながさきかいぐんでんしゅうじょ をつくった。

改革の利点…軍事力の強化、新政府でも活躍するような人材を数々見出した。

改革の結果…幕府の権威を弱めてしまうことになった。

最初に書いたように、アメリカとの戦争を避けるために、幕府は条約を結ばざるを得ませんでした。

そんな中でも、まだ「貿易」に関してはお断りしています。

阿部正弘さんはとても優秀な人だったと思いますが、この人の考えに、時代は追いつけなかったようですね。

面接官とかピッタリだなーと思いましたが、皆さんはどう思いましたか?

モモ
モモ
今回も最後まで読んでいただき、感謝しています♪
ありがとうございました!

またインスタグラム、ツイッターもやっておりますので、ぜひフォローよろしくお願い致します♪

ではまた次回!以上、モモでした〜。

\ Follow me /

    

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA